読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『作家の値打ち』における渡辺淳一の評価

 かなり前に文芸評論家の福田和也という人が書いた『作家の値打ち』という本が出たのですが、そこに出ている具体的な作家の評価について見ていきます。

 なお、この本で取り上げている100人の中には、私が読んだことのない作家も多く、ここで取り上げるのは私が今までに読んだことがあり親しんでいる作家が中心になります。

 最初に渡辺淳一を取り上げます。渡辺淳一は私が25年くらい前によく読んでいた作家です。

 取り上げた作品及びその評価は次のようになっています。

 

 『花埋み』 49点

 『遠き落日』 44点

 『化粧』 38点

 『ひとひらの雪』 31点

 『失楽園』 22点

 『かりそめ』 28点

 

 全体的に非常に評価が低く、特に大ベストセラー『失楽園』の低評価が目につきます。

 似ているタイプで本書に取り上げられている作家を探すと、不倫小説と伝記小説を書くという意味で林真理子が目に入ります。比べてみると、林真理子の評価も低いのだけど、それよりもさらに低い評価です。

 また、同年代のエンターテイメント作家では五木寛之が載っています。五木寛之の評価も低いがそれよりもさらに低い評価になっています。

 まず、取り上げられている小説がどのようなものなのか見ていきますが、その前にまず、渡辺淳一の小説にどんなものがあるのか、おおざっぱに分けてみます。

 北海道もの・東京もの・京都もの・伝記ものの4系統に分けるのが有力な分け方だと思います。前の3つは現代小説で、小説の舞台になっている場所で分けました。

 北海道ものは、渡辺淳一の生まれ故郷であり学生時代及び医師時代を過ごした北海道を舞台とした小説。北海道ものの中には、恋愛小説だけでなく医学的な題材のものが含まれている。東京ものは、専業作家として過ごした東京を舞台とした小説で、不倫を扱ったものが圧倒的に多い。京都ものは、渡辺淳一が中年以降よく遊び(及び取材)に行っていた京都を舞台にした小説。伝記ものは、資料調査等を重視して書いた小説です。

 上記の小説は系統的には次のようになります。

 『花埋み』『遠き落日』が伝記もの、『化粧』が京都もの、『ひとひらの雪』『失楽園』『かりそめ』が東京もの。

 『化粧』は京の料亭の三姉妹がヒロインの話で、東京の大学に行ったり銀座のクラブに勤めるヒロインもいるので京都・東京ものと呼ぶこともできないわけでもないけど、京都の料亭の三姉妹なのでやはり京都ものでいいと思います。

 ところで、この本は、作家自身の生まれ育った場所のことを書いた初期の作品に高い評価をつける傾向があって、宮尾登美子の『櫂』、林真理子の『葡萄が目にしみる』、山崎豊子『花のれん』『ぼんち』の評価が高い。

 『遠き落日』『化粧』『失楽園』は相当売れた代表作なのではずせないかもしれないが、他の作品のいくつかを北海道ものに代えるとかなり評価が違ってくるのではないだでしょうか。北海道ものの『白夜』『阿寒に果つ』『北都物語』なども渡辺淳一の代表作と言っていいと思われます。

 

 次に、作家に関する解説文を読んでみます。

 

 渡辺淳一が「亡国的作家」とみなされるのは。紋切り型のポルノグラフィーそのままの性描写のためばかりではない。文章の緊張感の欠如、人間理解の浅さ、小説の構造の信じ難い安易さなどが目につくにもかかわらず、かような作品が多くの読者を集めていることをして、日本民族の「衰退」の明確な徴と受け取らざるをえない。

 

 ものすごい熱のこもった批判文です。「亡国的作家」だの日本民族の「衰退」だの、作家に対する悪口としては異例とも思える愛国主義的な言葉を用いています。これは、物語のイデオロギー化を認める立場からの発言なのでしょう。

 そして、文章・人間理解・小説の構造などが駄目だと言っているのですから、「小説家として何もいいところがない」と言っていると同じです。

 「そこまで言うか?」と突っ込みたくなるけど、ただしうなずけるところもありました。

 それは人間理解という部分です。

 渡辺淳一の書くものには、「女とは~」「男とは~」などと決めつけたりしてどうも上から目線の部分が目につきます。物語の中で突然そういった人間学の講釈が始まります。うざったいと言うか、「みんながみんなそうとは言えないんじゃないの?」と反論したくなります。福田氏もそう思ったのでしょうか?

 一方、文章は読みやすくてなかなかいいと思います。場面などに合わせて適度に論理的だったり抒情的だったりしてなかなか柔軟だし、視点がしっかりしています。

 小説の構造は、よくあるようなストーリーが多く、別によくもなければ悪くもないと思います。

 ざっと見てきたが結論としては、渡辺淳一の本が売れることと日本民族の「衰退」とは無関係で、娯楽小説と考えればなかなか面白い小説も多く、まずまずの評価ができる作家だと思います。